発熱 性 好 中 球 減少 症 ガイドライン。 抗がん剤治療中の急な発熱の原因は?発熱性好中球減少症(FN)について

亀田感染症ガイドライン:発熱性好中球減少症

球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性 球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性

ペグフィルグラスチムとフィルグラスチムの効果を比較した試験のメタアナリシスでは,ペグフィルグラスチムが優れる傾向が示唆されている。 (6)治療期間• *1 発熱性好中球減少症の負担とは好中球減少症のエピソードの影響による患者の一般的な臨床状態を示す。 出典㊲N Engl J Med 2014;371:1609-18. さいごに がんの患者さんと関わる中でFNは必ず注意して関わるべきものの1つです。

7

小児科の病気:乳幼児の自己免疫性好中球減少症

球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性 球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性

あくまで早期抗菌薬治療を開始するための「目安」であるので、定義を満たさない場合でも、FNに準じて治療することもある。 この初回化学療法(1コース目)でのFN の発症は次回からの化学療法(2 コース目以降)に重大な影響(化学療法の減量,遅延,G-CSF の二次予防的投与)をもたらしている。

小児科の病気:乳幼児の自己免疫性好中球減少症

球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性 球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性

高齢の基準は報告によりさまざまで,60 歳,65 歳,70 歳,72 歳などとされている。 G-CSF 使用により生存の改善が得られるとする報告はまれで,一部には感染症関連死亡を低下させるとするものはあるものの,OS,PFS に有意な影響を与えるものはないとする結果が大半である。

2

好中球減少時の食事制限は65%の医師が実施【臨床腫瘍学会2013】:日経メディカル

球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性 球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性

わが国ではバイオ後続品の品質・安全性・有効性確保のための指針(2009) ,厚生労働省医薬食品局発信の指針・通知に従ってバイオシミラーの製造承認申請が進められ,3 製剤(FSK0808: フィルグラスチム(遺伝子組み換え)[フィルグラスチム後続1],TKN732: フィルグラスチム(遺伝子組み換え)[フィルグラスチム後続2],EP2006(遺伝子組み換え)[フィルグラスチム後続3])が承認されている。

18

発熱性好中球減少症:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性 球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性

炎症を起こす好中球がほぼ存在しないため、炎症を示す症状や徴候が弱い、またはないことが多いため、丁寧に診察する必要がある。

20

慢性好中球減少症(周期性好中球減少症、慢性本態性好中球減少症、自己免疫性好中球減少症など(平成21年度)

球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性 球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性

薬が処方された場合、のみ続けているうちに、薬の量を減らしたい、中止したいと思うことがあるかもしれません。 これを支持するエビデンスは1990 年代の報告に限られる。

16

発熱性好中球減少症:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]

球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性 球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性

万一、重症感染症を生じた場合にはG-CSF投与が併用されます。 胸部レントゲン・喀痰培養(呼吸器症状や低酸素血症)。 2014 【引用文献】 1) Lyman GH, Kuderer NM, Djulbegovic B. この報告によると,二次予防的投与を行ったあとの1 コース目でのFN 発症率は64%,次コースでの発症率は14%,3 コース目の発症率は10%とコースを重ねるにつれて有意にFN を抑制することが明らかになり,さらに入院日数,抗菌薬の使用率なども有意に抑制していた。

7

汎血球減少症

球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性 球 好 症 ガイドライン 中 発熱 減少 性

汎血球減少(はんけっきゅうげんしょう)とは、赤血球、白血球、血小板、3つの血球成分が全て正常よりも少なくなってしまっている状態を指します。 がん化学療法剤の投与開始14 日前から投与終了24 時間以内に本剤を投与した場合の安全性は確立していない。 以上より,本ガイドラインにおいてもFN 発症率を主要な評価項目として,FN 発症および重症化リスクを総合的に考慮し,G-CSF 使用の推奨グレードを決定している。

3