玉 勝間 現代 語 訳。 「玉勝間(たまかつま):兼好法師が詞のあげつらひ」の現代語訳(口語訳)

玉勝間の現代語訳をお願いします

現代 訳 勝間 玉 語 現代 訳 勝間 玉 語

今よりも優っている物が多く出てくるでだろう。 これはとても立派で優れた考えであって、私の先生がとても優れていらっしゃることの一つである。

15

『玉勝間』抄

現代 訳 勝間 玉 語 現代 訳 勝間 玉 語

今思いつくのは、塑性化が発生していることの他は(弾性範囲では)、以下のような物です。 われは人にそしられじ、よき人にならむとて、道を曲げ、古(いにしへ)ヘの意をまげて、 さてあるわざは えせずなむ。 これが、『玉勝間』が同種の随筆文学中、最も優れた作品と言えるのでしょう。

5

玉勝間『師の説になづまざること』(1)現代語訳

現代 訳 勝間 玉 語 現代 訳 勝間 玉 語

・第六には、儒教に対する論議で、宣長が儒教そのものの知識が決して浅薄でなかったことを知るに値する資料である。

10

玉勝間

現代 訳 勝間 玉 語 現代 訳 勝間 玉 語

」と言っていることなどは、 中ごろよりこなたの人の、みな、歌にも詠み、常にも言ふ筋にて、命長からんことを願ふをば心汚 こころぎたなきこととし、早く死ぬるをめやすきことに言ひ、 平安時代後期以降の人が、みんな、歌にも詠み、普段にも言う事柄であって、寿命が長くあるようなことを願うのを心が卑しいこととし、早く死ぬのを見苦しくないことだと言い、 この世を厭ひ捨つるをいさぎよきこととするは、これみな、仏の道にへつらへるものにて、多くは偽りなり。 古くの歌で、花は満開の状態を、また月は欠けていない満月を見た歌よりも、花に風(が吹いて散ってしまうこと)を嘆き、月の夜に雲がかかるのを嫌がり、待ったり惜しんだりするやるせない気持ちを読んだ歌が多く、趣深い歌も特にそういった歌に多いのは、誰もみな花は満開を心静かに見たく、月は欠けていない満月であるようなことを願う心が切実であるからこそ、そうではあり得ないことを嘆いていたのであろう。 「あがたゐのうしは古へ学のおやなる事」 この章は、「」にも訳文があります。

18

玉勝間「師の説になづまざること」

現代 訳 勝間 玉 語 現代 訳 勝間 玉 語

さりとて 、 わびしく悲しきを みやび たりとて願は んは、 さりとて(然りとて)=接続詞、そうかといって、だからといって、それにしても わびしく=シク活用の形容詞「わびし」の連用形、つらい、苦しい、情けない、困ったことだ みやび=バ行上二段動詞「雅ぶ(みやぶ)」の連用形、風流である、優雅である たり=存続の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形 ん=婉曲または仮定の助動詞「む」の連体形が音便化したもの、接続は未然形。

13

『玉勝間』「古よりも後世のまされること」の現代語訳と重要な品詞の解説

現代 訳 勝間 玉 語 現代 訳 勝間 玉 語

自分の説を除いては、真実があるはずもない。 「漢民族の本をそもそもよんでいないひとには、からごころはうまれないのでは。

17