公務員 給与カット コロナ。 国家公務員 冬のボーナス65万円。コロナ禍でも微々たるマイナスに批判殺到

「ボーナス0.05カ月分削減、月給は維持」の公務員「民間並み」なのか?

コロナ 公務員 給与カット コロナ 公務員 給与カット

05カ月分削減、月給は維持」というのが「民間並み」というのだから恐れ入る。 これらの事から、この表だけで日本の公務員は高給取と判断することはできません。 公務員給与は2割カットは、財源確保には良いですが、現実は難しいですね。

公務員は羨ましい?コロナショック後も公務員は安泰か元人事が解説します

コロナ 公務員 給与カット コロナ 公務員 給与カット

また、残業代もほぼ出ません。

公務員は羨ましい?コロナショック後も公務員は安泰か元人事が解説します

コロナ 公務員 給与カット コロナ 公務員 給与カット

com• 人事院の一宮なほみ総裁(左)から勧告を受け取る菅義偉首相=2020年10月7日、首相官邸 人事院は10月にまず国家公務員のボーナス(期末・勤勉手当)の「引き下げ」を求める勧告を出した。 中国の武漢から発生した新型コロナの影響は全世界へ波及し 日本も多分に漏れず、活動自粛要請や緊急事態宣言など、国民の生活に影響がでている 当然、経済活動にも甚大な影響がでているが、何も民間企業に限った話ではない 公務員の給料やボーナスには影響しないと思ってる人もいるようだが、それは大きな間違いだ なぜなら、公務員の給与は民間企業で働くサラリーマンの給与をベースに決められている 「公務員はこんな状況でも給与は削減されないからいいよな!」という意見があることは甚だ疑問だ 公務員の給料削減やボーナス減給は、今後、避けられない状況にある 2020年の冬のボーナスが0. 年収3割カットという「ANAショック」は世の中に衝撃を与えた。 日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年に退社、独立。

1

【悲報】コロナ禍の対応に奮闘してきた公務員へのボーナスがあまりにも酷すぎた

コロナ 公務員 給与カット コロナ 公務員 給与カット

「霞が関の縦割り打破」などを掲げて、一見公務員に厳しい姿勢で臨むように思われた菅義偉内閣も、あっさり、この人事院勧告を受け入れた。 「給料、ボーナスは自分らでいっぺん提案してみりゃぁと。 とりあえず、公務員の給料が最低賃金レベルになればそれに伴いより一層公務員の質は落ちるでしょうね。

「たった0.05カ月分のボーナス削減」に怒りを隠さない公務員の厚遇天国 ANAは「冬のボーナスゼロ」なのに…

コロナ 公務員 給与カット コロナ 公務員 給与カット

これは、10月の人事院勧告によるもので、民間企業との差をなくすためです。 緊急の資金繰りなどのために発行する「政府短期証券」の9月末の残高は135兆2087億円と、3月末の74兆4188億円に比べて82%も急増した。 今時、エスカレーター式になれません。

公務員は羨ましい?コロナショック後も公務員は安泰か元人事が解説します

コロナ 公務員 給与カット コロナ 公務員 給与カット

同記事では全日本空輸 ANA が冬のボーナスをゼロにする方針を示したことの経緯を説明した上で、本年度の国家公務員の月給とボーナスの改定を求める「 人事院勧告」を取り上げ、次のように論評した。

国家公務員 冬のボーナス65万円。コロナ禍でも微々たるマイナスに批判殺到

コロナ 公務員 給与カット コロナ 公務員 給与カット

要は、 本来、夏のボーナスであったものを、冬のボーナスとして支給している額も含まれている 要は、 公務員のボーナス支給額の伸びは鈍化している また、人事院勧告の解説でもあったように、前年度の民間企業の給与調査結果を反映していることも影響している 公務員にボーナスが支給されること自体に疑問を抱いている人も多いなか、 世論からの批判は避けられない状況にある 人事院勧告にもとづき公務員の給与が反映される時期 国家公務員であれば法律、地方公務員であれば条例が公布された翌月の給与から額が改定される 人事院が調査するのは、月給は4月時点、ボーナスは前年冬と夏の支給月数 月給でみれば、 民間企業が4月時点なのに対し、人事院勧告は8月に行われるため公務員に反映されるのは9月頃となる となれば、民間企業との差が半年以上も空いたままになってしまう これに対して、 公務員はさかのぼって給与をカットする 方法としては、冬のボーナス(厳密には12月の期末手当)で減額調整することになっている 年末調整みたいなもので、税金を多く取り過ぎたものは返ってくるようなイメージだ 要は、公務員の給与は思っている以上に柔軟に増額もされるし減額もされるということ 公務員の冬のボーナスは0. 国家公務員の給与は民間企業の給与をベースに決定している 国家公務員の給与は、毎年、人事院が民間企業の実態に合わせ見直されることになっている いわゆる「 人事院勧告」とよばれるものだ 人事院勧告(国家公務員の給与) 人事院の給与勧告は、労働基本権制約の代償措置として、職員に対し、社会一般の情勢に適応した適正な給与を確保する機能を有するものであり、国家公務員の給与水準を民間企業従業員の給与水準と均衡させること(民間準拠)を基本に勧告を行っています。 05カ月分削減、月給は維持』というのが『民間並み』というのだから恐れ入る。 2021年3月期の最終赤字は過去最大の5100億円になる見込みだという。

16

「ボーナス0.05カ月分削減、月給は維持」の公務員「民間並み」なのか?

コロナ 公務員 給与カット コロナ 公務員 給与カット

com/Ghettog76 今、ANAに限らず民間企業では、「失業の恐怖」に直面している人が少なくない。 過労死ラインギリギリでコロナ関連対応に当たった優秀な公務員が可哀想すぎる。

10

国家公務員 冬のボーナス65万円。コロナ禍でも微々たるマイナスに批判殺到

コロナ 公務員 給与カット コロナ 公務員 給与カット

公務員でも財源不足で給与をカットした例もありますが、本当に払う金がなっかた場合です。

14