地震 三重。 三重県の地震活動の特徴

三重県南東沖の深発地震で異常震域 南海トラフ地震とは別要因

三重 地震 三重 地震

東海・東南海・南海地震については、今後30年以内の発生確率が非常に高く、これら3つの地震は将来連動して発生する可能性も高いことから、これら3つの地震の時空間的な連動性を評価するため、海底稠密地震・津波・地殻変動観測や物理モデルの構築、シミュレーション研究、強震動・津波予測、被害想定研究等を総合的に行っています。 脚注 [ ]• 9 4 負 1 水道管漏水3戸 平成19年(2007年)4月15日 三重県中部 5. 2011年3月11日 (平成23) (平成23年(2011年) 東北地方太平洋沖地震) 【地震本部の評価】 9.0 負傷者1人 (平成31年3月1日現在、消防庁調べ)。 最大のである。

20

気象庁

三重 地震 三重 地震

出典:特に注記がない場合はによる。

8

気象庁

三重 地震 三重 地震

2時40分、津波予報は全面解除となった。 一方、私たち住民一人一人の意識が重要であることも忘れてはいけません。

気象庁

三重 地震 三重 地震

名古屋をはじめ広い範囲で震度4を観測。 6 6弱 負 32 住家全壊 18棟 住家半壊 312棟 住家一部破損 15,095棟など 【平成30年3月22日現在】 平成28年(2016年)6月16日 内浦湾 5. 詳しい原理は以下のURLからどうぞです。 8 4 負 1 住家半壊 2棟 一部破損 12棟など 平成 8年(1996年) 8月11日 秋田県内陸南部 6. ) 1960年5月23日 (昭和35) (チリ地震津波) 9.5 注) 津波により被害。

3

異常震域とは?三重が震源で宮城が揺れた理由。

三重 地震 三重 地震

北緯33度8. 4 5強 負 1 校舎一部破損など 平成17年(2005年) 1月18日 新潟県中越地方 4. 長期評価等• 文部科学省では、南海トラフから南西諸島海溝域までの震源モデルを構築、地震・津波の被害予測とその対策、発災後の復旧・復興対策を検討し、地域の特性に応じた課題に対する研究成果の活用を推進させるため、平成25年度より研究機関に委託して研究プロジェクトを実施しています。 内閣府の南海トラフ巨大地震対策のページです。

6

気象庁

三重 地震 三重 地震

破壊開始点の深さ 25 km• [ ]• この地震はで発生したと考えられています。 国土地理院の活断層図(都市圏活断層図)のページです。

1

三重県南東沖の深発地震で異常震域 南海トラフ地震とは別要因

三重 地震 三重 地震

0 5強 負 1 住家一部破損 1棟 【平成24年9月11日現在】 平成23年(2011年) 3月15日 静岡県東部 6. 日本海溝/伊豆・小笠原海溝から西に向かって沈み込む太平洋プレートの周辺で発生した地震とみられます。 避難の期間は1週間です。 地方自治体等• ) 1096年12月17日 (永長1) 畿内・東海道 8.0~8.5 東海沖の巨大地震と考えられる。

4

三重県の地震活動の特徴

三重 地震 三重 地震

33度1. 7 5弱 負 1 非住家破損など 平成13年(2001年) 8月25日 京都府南部 5. 4 5弱 負 1 なし 【令和元年8月13日現在】 令和元年(2019年)6月18日 山形県沖 6. 3 4 負 2 非住家一部破損 1棟 平成11年(1999年) 3月26日 茨城県北部 5. しかし、深い場所で起きた場合、地表に伝わるまでに揺れのエネルギーは大きく弱まるが、固いプレートの内部では比較的弱まらず伝わる。 6,287• 2 5弱 負 8 住家一部破損 5棟 平成18年(2006年)5月15日 和歌山県北部 4. 1819年(M7 1/4)の近江の地震でも県北部の川沿いを中心に被害が発生しました。

13

三重県で起きた強い地震一覧(震度5以上)

三重 地震 三重 地震

気象庁によると、三重県南東沖を震源地とする地震は昭和59年1月に深さ388キロでM7・0、平成15年11月にも395キロでM6・5が発生。 2 5強 負 21 住家一部破損 57棟 平成25年(2013年)10月26日 福島県沖 7. それに役立つ情報を伝えていく努力を私たちも続けていきます。

8